So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

tppとは わかりやすく 子供 メリット [ニュース]

スポンサーリンク




TPPとは?といった方に、子供にもわかりやすく、メリットも含めて教えれるようにまとめています!


それでは、始めていきます。

◇TPPとは?~わかりやすく子供に説明する方法~

TPPとは何か?
現在、安倍晋三総理大臣が参加を表明していますね。

TPPとは「Trans-Pacific Partnership」の略語で、

日本語に直訳すると、

Trans=越えた、横切った

Pacific=太平洋

Partnership=協力

まとめると「環太平洋戦略的経済連携協定」となります。

小島よしおの”おっぱっぴー!!”みたいなものです(笑)

ちなみに、TPPには現在、11か国が参加しております。

これはどのようなことだと申しますと、

「自由に貿易するために、お互いルールを合わせて貿易しましょう。
その為に、世界一の国である、アメリカのルールにしましょう!!」

これは極論ですが、真実です。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

TPPが「食料・農業」に与える影響とは



これを説明すると、

「TPP参加国は同じ参加国に対して関税なく輸出入する事が出来る。」ということです。

例えば、日本で3,000円で売られている物が、他の国では普通なら3,500円で買えます。

500円は関税です。

しかしTPP参加国同士なら3,000円の商品は参加国なら3,000円で買えるということなんです。

では、なぜ関税があるかと言いますと、知っている方もいると思いますが、

日本は世界でも有数の物価の高い国なんです。

よって労働者に対する給料も高くなります。
日本より物価の低い国は多く、1/10ぐらいの国は多々あり、
そういう国が安くて良質な品物を作って日本に輸出すると、
日本で生産している業者は、値段で勝つ事が出来なくなります。

だから国内の産業を守る為に関税が設けられているのです。

特に農業関係者には大打撃ですね・・・。

日本には四季があり、その年によって農作物の出来が左右されるので、価格が上下します。

安くなる分にはいいですが、高くなったら、安い海外産に負ける可能性が生まれるのです。

日本は工業生産に秀でていて、電化製品、自動車などを相手国に関税無で輸出する事が出来、国内生産高が上がります。

しかし作物など、特に米(こめ)は外国から安い米が入ってくるので、
米農家は大きなダメージを受けると言われております。

このように明確なメリット、デメリットが出ているのですが、
そのメリットについて考えますと、アメリカには元々、自動車メーカーなどの工場があります。

そこで生産しているので、関税はかかりません。
よってアメリカに対して工業製品の輸出によるメリットはありませんね。

結局、僕の日本側の解釈からすればTPPは、

「アメリカの雇用問題をTPP参加国で補って下さい。
だけど、私たちの国は自国の産業を守る為にあんまり輸入はしませんよ~。
あなたたちの国の雇用はあなたたちで何とかしてくださいね!」

ということだと思われます。

このTPP問題は日本産業、日本の運命がかかってる問題でもあります。

もし、TPP参加をすると、簡単に言えば、不平等条約が再びやって来る。ということになりますね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。